From the MBA魂

MBAで学んだことが実践でどれくらい通用するか。体験を織り交ぜながら通用することを実証していく。

【コーヒーブレイク】「Yenta」というアプリを使ってみた

かねてから人脈を増やしたいという願望はあるものの、中々アクションを起こせなかった自分にある日面白いアプリの広告がFacebookを眺めていたら現れた。

自分のFacebookの友人が「いいね!」をしていたので、「あーこんなアプリもあるんだ〜。でもなんか審査があるのか、、めんどうそうだな。。」が最初の印象。

ただ、審査があるということは、それなりに登録されれば質が高い人脈が作れるかもしれないな。。。と思い、勇気を出してDLしてみた。

審査には3、4日くらいかな。思った以上に結構かかったような気がした。

その後、無料版からなので、1日10人の案内がプッシュ通知でiPhone画面上にくるので、「おっ、ほんとうにきた」と思いながら、アプリを起動。

一人づつ本人の写真、会社・部署名、アピールコメントを見つつ「興味あり」「興味なし」をスワイプする。(結構ドライにやらないとすぐたまる)

それをした後に、よる20時になるとマッチング結果が送られてくる。

だいたい1日1名〜3名程度でマッチがされる。マッチとは双方で興味ありとしたケース。そして、その中で、会って実際に話をしたい場合は連絡を取り合うという感じの流れ。初めてから一ヶ月。すでに4人と実際にお会いしたが、とても有意義な出会いとなっている。これは結構面白いアプリである。

自分の人脈を作りたい。という課題が解決されつつある今日このごろ。